神経ブロック

頚部神経根ブロック

上肢と肩甲骨内側の痛みがある場合、頚椎症、頸椎椎間板ヘルニア頚部帯状疱疹などによる神経痛と考えられます。ロキソニン リリカ トラムセットなどの内服 マッサージ 鍼灸などでも痛みがコントロールできないことが多いです。ペインクリニックでは星状神経節ブロック 頚部硬膜外ブロック 頚部神経根ブロックにて痛みを改善させます。
神経根ブロックは 脊椎の中から出てくる神経の枝 神経根に直接、局所麻酔薬、炎症止めを届けます。

経椎間孔性頸部硬膜外ブロック

%e5%8f%b3%ef%bd%941%ef%bd%92%ef%bd%822
第1第2胸椎間椎間孔よりの硬膜外ブロック C8 T1 T2神経根周囲と硬膜外に造影剤が広がっています。

星状神経節ブロック

頸椎の周囲には交感神経と言う自律神経が豊富に存在します。        交感神経とは何か?                           例えば、動物がライオンに接近された時のように危機がせまっている状態で興奮する神経です。交感神経が興奮状態にあると血圧が上昇し、筋肉は硬直します。すべて、ライオンから逃げるために最大の筋力をさせるよう、心臓もいつでも全力で血液を体に送り出せるような状態になるのです。危機に備える神経です。 しかし それが長時間持続すると、血行が悪くなり筋肉もこわばり過ぎて乳酸がたまり痛みを感じるようになります。                   長時間の交感神経の興奮は体調の不調につながります。           星状神経節ブロックはこの危機に備える交感神経を穏やかにする治療なのです。頭部周囲、首周囲、腕の筋肉の緊張がほぐれ、血行がよくなります。     入浴してリラックスした状態になり、ストレスか解放された状態になるのです。そればかりか、頭部周囲、首周囲、腕の痛みを緩和する治療でもあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする